CO-BLUE  BLOG

マイクロプラスチックについて僕が知らなかったこと

先日、エコプロ2018に行ってきました。 ピープルツリー、ネパリバザーロ、パルシックなどフェアトレードの活動をしている団体の方とお話できました。 このイベントで開催された事前登録が必要なセミナーをいくつか聞いてきたのですが、マイクロプラスチックについてのセミナーが、一番勉強になりました。 お恥ずかしい話、マイクロプラスチックについて自分がいかに知らないか、知ることができました。 マイクロプラスチックについて僕が知らなかったこと マイクロプラスチックについては、もともとそんなに知っていたわけではなく「海洋汚染」ぐらいのイメージしかなかったのですが、 ・どのぐらいの大きさまで微細化しているのかがわかっていない →研究でマイクロプラスチックを採取するのに使われている網は0.3㎜なので、それより小さいものが理論的には大量にあるはずだが採取できていない。つまりどこにあるのかもわかっていない。 ・どのくらいの期間をかけて細分化するのか、そのプロセスがわかっていない →プラスチックが世に流通し始めてから60年が経過しているので、60年以内ってことぐらいしかわからない ・南極海でもマイクロプラスチックは発見されていて、地球上でマイクロプラスチックがない海はない →特に日本などアジア周辺の海はマイクロプラスチックの濃度が高い ・マイクロプラスチックは海洋中の汚染物質を吸着する。それがプランクトンなど海の生物に入っていき、食物連鎖が起こることで生物濃縮されていく可能性がある。 ・日本国内のプラスチックは全体で約85%が再利用されているというが、そのうちの約60%がサーマルリサイクル(焼却して熱エネ

アーカイブ
タグから検索
​注目記事

​CONTACT

  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

〒322-0066  栃木県鹿沼市上田町1904 MADO 1階

TEL:070-4803-9865