​CONTACT

  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

〒322-0066  栃木県鹿沼市上田町1904 MADO 1階

TEL:070-4803-9865

【参加者募集中】栃木の放射線状況を把握しよう!

2017/10/26

先の衆議院選挙では脱原発についても争点の一つとなりました。東日本大震災で起きた事故は、今を生きる私たち、未来を生きる人たち、そして地球に対してもアンフェアな出来事ではないかと思います。まずは栃木県の現状を知り、自分たちに何ができるのか考えていきましょう!

 


名古屋の市民放射能測定所(以下、Cラボ)の大沼さんが、栃木県に来られます。
大沼ご夫妻は、ともに環境調査分野の専門家で、Cラボ(*1)を立ち上げ、東日本土壌ベクレル測定プロジェクト(*2)や、乳歯保存ネットワーク(*3)、等をリードしておられます。
昨年の春に、栃木県の各所で土壌サンプリング講習会を開き、それに参加したメンバーが中心になって、県内各地で採取した土壌サンプルをもとに、放射能汚染マップと報告書がまとまりました。(マップは、下記(*2)。報告書の骨子は(*4)参照)
これを受けて、土壌放射能汚染調査結果報告会を開催し、今後何をすべきかについて考えるワークショップを開催します。
(合わせて、今年の夏に実施した、ホットスポット調査結果概要も紹介します。)

日時: 11月4日(土)10時〜13時
場所: まちなか交流プラザCHAT会議室B
    鹿沼市下横町1302-5
参加費:ドネーション(寄付という意味です。特に最低金額は設けませんので、お気軽にご参加下さい)

申し込み:fairtrade.coblue@gmail.comへメール、または070−4803−9865へお電話ください。

講師:
大沼淳一さん
 元愛知県環境調査センター主任研究員
 http://chu-ene.net/wp-content/uploads/2012/09/大沼淳一氏-プロフィール.pdf
大沼章子さん
 元愛知県衛生研究所環境物理科長

コーディネーター:小栗秀夫 https://www.facebook.com/hideo.oguri.3

(*1)
Cラボ概要
https://tokainet.wordpress.com/c10/

(*2)東日本土壌ベクレル測定プロジェクト(マップ)
http://www.minnanods.net/soil/

(*3)乳歯保存ネットワーク
http://pdn311.town-web.net/index.html

(*4)報告書の骨子
----------------------------
(1)栃木県の土壌の放射能汚染の状況
初期被ばく線量推定のために(ヨウ素-131 の推定を含めて)
放射性降下物(フォールアウト)観測データから
放射性プルーム拡散シミュレーションから
宇都宮市の水道水測定データから
放射性プルーム通過時の天候と、放射能の沈着
イノシシ肉、きのこ、山菜の汚染

(2)今後の予定
個々人ごとの合計被ばく線量推定マニュアル
ホットスポット調査

 

 

 

 

Tags:

Please reload